ニキビはなぜできる

ニキビは年齢や性別に関係なくできてしまう皮膚の病気です。
ニキビは何もしなくても治ると思っている人も多いでしょう。
しかしニキビは尋常性ざ瘡という正式名称があり、れっきとした皮膚の病気の一つです。
ただし日常生活の中で起こりやすい症状な為、病気という意識が無く過ごしている人がほとんどです。
症状が軽い場合は治りも早いですが、赤ニキビ、黄ニキビまで進行してしまうと、完治後にニキビ跡とし残りやすく、クレーターとなって、肌に凹凸ができてしまいます。
肌のトラブルが重症化する前に、ニキビ対策をするのがお勧めです。

まずニキビはどうしてできてしまうのでしょうか それは毛穴が何かしらの原因で詰まってしまうからです。
本来毛穴や産毛を伝って体外に排出されるはずが、されず残ってしまうため、菌が繁殖してニキビができてしまいます。
清潔な肌を保つことでニキビができにくい肌を手に入れる事ができます

またニキビが悪化してしまう要因としてあげられるのが、ニキビを触ってしまう事です。
手にはたくさんの細菌が常についています。
その細菌がニキビの内部に入り込み炎症を越してしまいます。
ニキビができ始める思春期頃に、ニキビができたら触ってはいけないとよく言われてきたという人も多いでしょう。
触ってしまうとニキビの部分に痛みを感じ、にニキビが治りにくくなります。

毛穴に詰まってしまうものと言えば、過剰な皮脂の分泌が上げられます。
脂っこい食事やホルモンバランス乱れによって毛穴から皮脂が多く排出されます。
余分な皮脂が毛穴を詰まらせてニキビができてしまいます。
食生活や生活習慣を見直すことでニキビの減少につながります。